IE6対応を考える

「IEハックなんて全部捨てちまえ!」なんていうTRANSさんの記事を読んだので、IE6への対応を考えてみようと。

元はTrash All IE Hacksという海外blogの記事のようで、TRANSさんが翻訳してくださってます。ありがたや。

「なぜIEハックを捨てるのか?」という部分を要約すると、「我々がIEハックをやめて、IE6で見たときに崩れていればユーザーが『IE6だめだな』って思ってIE6の使用をやめるんじゃないか」ということだそうな。

そんなあほな。

多くのユーザーが『このサイト崩れてる。だめだな』と思うに違いない。

私は複数のブラウザを利用していて、「このサイトはこのブラウザで見る」といった決めごとはしていない。その時に使ったブラウザで崩れていれば「だめだな、このサイト」と思ってしまうのです。これは私が制作サイドだからかもしれないけれど。
パソコンのこともWebのこともよくわからない一般ユーザーがIE6で崩れているサイトを見た時どう思うんでしょう?
きっと「このホームページ壊れてるんじゃない?」って思うんじゃないかと。多くの一般ユーザーがブラウザがおかしいとは考えもしないんじゃないか。
実際、IE6やIE7で「なんかホームページがおかしい」という相談に「ブラウザを変えてみて」というと大抵「直った!IEがいけなかったんだね」という事が多かったり。

例えば、Ajaxを多用したページでOperaではじかれる。「チッ」とつい言ってしまう。ユーザーとしては、アクセスしようと思ったその瞬間に他のブラウザを立ち上げることなくスムーズにアクセスしたいのですよ。検索エンジンからの遷移でたどり着く可能性も大きいわけだし、出来る限りブラウザ対応はすべきだと思います。
最近はDellもGoogleカレンダーも対応してきてますね。非常にありがたい。

IE6の見た目を放置して、「だめなサイト」を作ってユーザーを困惑させることが果たして本当に良いことでしょうか?
モノの作り手として、本当に大事なことは「ユーザーを満足させること」ではないのでしょうか?
ユーザーを第一に考えられていないサイトは必要ないんです。ユーザーが閲覧しないことにはWebページの存在意義はないのだから。

「IE使えねぇ」と思うのはユーザーの勝手でしょう。
対応が面倒だから「IE使えねぇ」というのは制作者のエゴでしかないと思うのです。
たしかにIE対応はとっても面倒です。納品前に「IEでずれてますね…1px」とか言われると本気で切り捨てたくなります。カルシウムが足りていても怒りっぽい人になってしまうでしょう。
しかし、だからと言って安直に切り捨てたら誰が困るのでしょう?制作者は楽をしただけで、だめサイトがまた一つネットワーク上に流出したに過ぎません。
制作者の意図でブラウザの選択肢を狭めるのが本当に正しい姿ですか?ユーザーのニーズを本当に満たしていますか?ユーザーにストレスをかけてないと言えますか?

「このサイトはFirefox1.5以上のブラウザでご覧下さい」

いったい何年前のサイトですか?

「IE6を切り捨てよう」という意見には全く以てナンセンスとしか言いようがありません。
しかもその手段が、IE6で崩れるサイトを制作してIE6のだめさ加減をユーザーにわからせようなどと…。
そもそもはMicorsoftが粗悪なブラウザを作り、放置し続けたことに問題があるわけですが、それを利用している多くのユーザーにはなんの罪もありません。

私はこれからも程々にIE対応はしてこうと思います。ブラウザありきのWebサイトなのだから。
あ、趣味のサイト制作ではIE対応は二の次三の次ですけどね(笑)

  • コメント(0)
  • トラックバック(0)
  • Mixi Check
  • はてなブックマーク数 はてなブックマークコメント

Track back

このエントリーのトラックバックURL

Your Comment





Tag Cloud

About

drop

Author:飴(drop)

web技術に関するtipsや主にweb関連のニュースなどをメモ的に記していきます。

このサイトについて

RSS購読