"Second Life"に電通&デジハリが研究会設立

オンライン上の仮想空間「Second Life」の参加企業のために、電通とデジハリが「セカンドライフ研究会」を立ち上げたそうな。

そもそも「Second Life」って何?って思う方も多いかもしれないですね。
正直、私も先日まで知りませんでした(web業界人のくせに…)。
知らないところでwebは進んでいます。
ちょっと紹介しておくと、Second Lifeはただのゲームじゃなく、デジタルな第二世界と呼んでも過言ではない空間です。
シムピープルなどの仮想空間でのシミュレーションゲームは多々ありましたが、Second Lifeは格が違う。
イメージとしては映画『マトリックス』のような世界です。プラグを脊髄に挿している人はいませんが、モニターの前に展開されるのは、完全なる仮想空間で、フル3Dの世界で生きていくのです。ただのゲームなら解説書からほとんどの情報は読みとれますが、甘えはききません。
ちなみにアメリカで作られたので、基本的には英語です。中には日本人コミュニティもあるので、日本語が使われている地域もありますが。
このSecond Lifeがなぜ「完全なる仮想空間」といえるか?その最大の特徴の一つは、「webマネーが使える事」です。
イコール現実世界のお金で、つまりSecond Life上で稼げば、現実でもお金を手にし、生きていけるわけです。現実に既にアメリカンドリームを果たしている人たちがいるのです。
お金を得る手段は色々あります。「土地を買って、アパートを建てて部屋を貸す」なんてこともできますし、露天で絵を売ったり、キャラクターのボディパーツを売ったり、ダンスフロアを営業したり…。現実にある商売ならほとんどなんでも商売にできます。
さらに特長として、このSecond Life内では自分で書いたスクリプトが動きます。自分のキャラクターにダンスをさせたり、ドラゴンにしたり、車を作って走らせたり…その自由度は無限大です。
考えようによっては恐ろしいスクリプトを書くこともできるわけですね。

概ねこんな感じです。
詳しく知りたい方はこのあたりの記事を読むとわかりやすいかも。
仮想空間=現実世界とのリンク なので、当然名だたる企業も参加しています。
もちろん現実にあるオフィスをそのままSecond Life上で建てる事もできます。
と、いうわけで日本でのユーザー数増加に伴っていち早く電通とデジハリがタッグを組んだってわけですね。
やろうかなーって思ってたベンチャー企業は結構あったのではないかと思うのですが…。
これからやろうかなと思っていた将来のユーザーにとっては入会から生活の仕方までが判りやすく解説されていくと非常にありがたいかな、と思います。

しかし、Second Lifeの生むマネーがどれだけに上るか…考えただけでぞっとします。
会員がまだ200万人程度の現時点でも一日に動くゲーム内マネーは6000万円相当だそうですから…。
とりあえず「やっとこうかな!」っていう気分にはなりますね。
ただし、儲けるには現実社会と同じ厳しい側面があるでしょうけれど…。

  • コメント(0)
  • トラックバック(0)
  • Mixi Check
  • はてなブックマーク数 はてなブックマークコメント

Track back

このエントリーのトラックバックURL

Your Comment





Tag Cloud

About

drop

Author:飴(drop)

web技術に関するtipsや主にweb関連のニュースなどをメモ的に記していきます。

このサイトについて

RSS購読